MENU

AGAは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が大きな原因となっており、年齢を重ねることで発症率は次第に高くなっていきます。

 

小学生や中学生で薄毛が引き起こされる確率は極めて低くても、中高年になってだんだんと髪の毛が薄くなるのは不思議な現象というわけではありません。

 

下記では、AGAの年齢別発症率を記載しているので、どのような統計になっているのか確認してみましょう。

 

20代の男性:6%
30代の男性:12%
40代の男性:32%
50代の男性:44%
60代の男性:51%
70代の男性:61%

 

このように、年齢を重ねることによってAGAを発症するリスクが高くなりやすいのがお分かり頂けるはずです。

 

思春期を過ぎた20代から徐々に発症する男性が増え始め、60代の半分の人がAGAで悩まされやすいというデータが出ています。

 

全ての年齢の平均で見てみると約32%の男性がAGAを発症すると言われており、約3人に1人という計算なので珍しいことではありません。

 

「自分だけではなく周りの人もハゲているから特に気にする必要はない」と考えている人はいますが、下記のような悩みに繋がるケースもあります。

 

・同世代の人はフサフサなのに自分だけハゲている・・・
・見た目が老けているから恋愛に積極的になれない・・・
・減り行く髪の毛を見ていると全ての物事に自信がなくなる・・・

 

AGAは直接命に関わるような病気ではなくても、見た目のイメージを悪くする症状なのは間違いなく、ストレスが溜まってうつ症状に陥るような男性は以外にも多いのです。

 

しかし、加齢によってAGAの発症率が高くなったとしても、何も対策方法がないというわけではありません。

 

AGAは進行性の病気なので放置によって髪の毛が復活したり抜け毛が減ったりすることはないものの、医療機関で専門的な治療を受けることで進行を遅らせることは可能です。

 

・内服薬のプロペシアを服用する
・外用薬のミノキシジルを使用する
・毛髪再生療法の育毛メソセラピーを受ける
・自分の髪の毛を移植する自毛植毛を受ける

 

このように、AGAの治療には様々な選択肢があり、個人の薄毛の症状に合わせて選択できます。

 

医療機関を受診すれば自分の症状に合った治療法を専門医が勧めてくれますし、遺伝によって髪の毛が薄くなったとしても対処しようがないというわけではないのです。

 

どのクリニックでも最初に無料カウンセリングを受けられるので、信頼できる医療機関を探して受診してみてください。