MENU

髪の毛が薄くなっていくという点では一緒でも、AGA(男性型脱毛症)と円形脱毛症では症状やメカニズムに違いが生じています。

 

簡単に説明すると、AGAが男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が引き金になるのに対して、円形脱毛症は自分の免疫システムの異常が原因です。

 

DHTが頭頂部や前頭部に存在することでヘアサイクルを狂わせ、成長期が短くなることで抜け毛が発生しやすくなって薄毛が進行していきます。

 

その点、円形脱毛症は精神的なストレスによる自己免疫疾患が大きな原因で、本来ならば外部のウイルスや雑菌などを攻撃する免疫システムが間違って自分の頭皮や髪の毛に攻撃を加えてしまうのです。

 

 

他にも、どのような違いがあるのか下記ではまとめてみました。

 

・AGAが頭頂部や前頭部といった場所の薄毛を引き起こすのに対して、円形脱毛症は頭皮のありとあらゆる箇所に脱毛斑が生じる

 

・AGAの症状がゆっくりと進行するのに対して、円形脱毛症は自覚症状がなく突発的に引き起こされる

 

・AGAは根本的に完治させるのが不可能なのに対して、円形脱毛症は免疫システムが整うことで自然治癒することがある

 

・AGAは思春期を越えた男性が引き起こすのに対して、円形脱毛症は年齢や性別に関わらず悩まされる

 

・AGAはマッサージやサプリメントなどセルフケアで対処できるのに対して、円形脱毛症の治療は素人が勝手に決めるのは危険

 

上記のように、同じ髪の毛が薄くなる症状で様々な違いが生じており、同じ対策を練っていても改善には繋がりません。

 

 

特に円形脱毛症に関しては一つの脱毛斑が形成される「単発型」、脱毛斑が2つ以上発生する「多発型」、蛇のように脱毛が広がる「蛇行型」、頭皮全体の毛髪が抜ける「全頭型」など幾つもの種類に分けられます。

 

単発型なら免疫機能を崩している原因のストレスを解消することで自然治癒するケースはあるかもしれませんが、全頭型タイプまで進行すれば自力での治療は不可能です。

 

ステロイドを含む外用薬を塗布したり液体窒素を使った凍結治療を受けたりと、専門的な処置が必要なので症状が悪化しないうちに皮膚科を訪れた方が良いでしょう。

 

もちろん、医療機関での治療が効果的なのはAGAに関しても一緒で、一般的な皮膚科ではなく専門クリニックを訪れることで選択肢は広がります。

 

どちらにしても、早期発見・早期治療が大事なのは間違いないので、放置せずに今の自分に合った対策を行ってみてください。