MENU

AGAは男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)が発生し、毛母細胞がダメージを受けて抜け毛が増えている症状なので頭皮のかゆみとは直接的な関係性はありません。

 

しかし、正常な状態ならば頭皮にかゆみが生じることはなく、炎症を起こして何かしらの異常が出ていると考えられます。

 

そのまま放置していると炎症が悪化して髪の毛の成長が妨げられ、既にAGAを発症している男性は症状が進行しやすくなるので早めに対処しなければならない点では一緒です。

 

以下では、どのような原因で頭皮のかゆみが引き起こされているのかご説明しているので、一度チェックしておきましょう。

 

・頭皮へのダメージが大きい石油系界面活性剤が含まれた市販のシャンプー剤を使っている
・シャンプーやコンディショナーの濯ぎが不十分で接触性皮膚炎を起こしている
・パーマやヘアカラーで使用する化学物質でアレルギー症状が引き起こされている
・刺激の強い育毛剤による副作用でかゆみが生じている
・頭皮にフケや皮脂が異常に出る脂漏性皮膚炎と呼ばれる病気を患っている
・冬場の乾燥やエアコンの使用による皮脂欠乏性皮膚炎を患っている
・加齢によって頭皮の潤いを保っているヒアルロン酸やセラミドといった成分が減少している

 

このように、様々な原因によって頭皮のかゆみは引き起こされやすく、その原因を取り除かなければ症状は次第に悪化していきます。

 

AGAの発症とは関係なくても髪の毛にダメージが生じる点では一緒なので、まずは毎日の洗髪から見直さなければなりません。

 

頭皮のかゆみの悩みを抱えている人の多くは、シャンプー剤の選び方や洗髪の仕方が間違っています。

 

毎日欠かさずに行わなければならないことだからこそ、無駄な刺激を頭皮や髪の毛に与えないために下記の点に気を配ってみましょう。

 

・セラミドやNMF(天然保湿因子)、皮脂などを全て洗い流さないように頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを使う
・汚れを一生懸命に落とそうとして爪を立てるのではなく、指の腹を使って優しい力で洗髪する
・熱いお湯ではなく38℃くらいのぬるま湯を使って髪の毛を濯ぐ
・洗い残しがないように洗髪の2倍以上の時間をかけて念入りに濯いで洗浄成分が残らないようにする

 

上記のような点に注意していれば、頭皮の刺激を抑えられるのでかゆみが発生することも少なくなるはずです。

 

AGAの症状の進行を少しでも抑えるためにも大事なことなので、今一度自分の洗髪方法を見直してみてください。