MENU

AGAによる抜け毛の本数について

 

AGAを発症した男性は他の人と比べてヘアサイクルが短くなり、髪の毛がしっかりと成長する前に抜け落ちるので抜け毛の本数が増えるという特徴があります。

 

個人の症状によって異なるので一概には説明できないものの、通常では1日に50本程度の抜け毛が発生するのに対して、AGAを発症していると100本〜200本程度が抜け落ちることも少なくありません。

 

毛穴から髪の毛が抜け落ちても毛根が生きている限りは毛母細胞で細胞分裂は行われ、内部では新しい毛髪が作られています。

 

しかし、この細胞分裂の回数には限界があり、AGAを発症している男性は成長期が短くなって限度に早く達しやすいからこそ薄毛が進行していくというメカニズムです。

 

1日の中で発生する抜け毛の大半はお風呂の洗髪時で抜けており、排水溝にネットを設置して以前よりも増えていたらAGAの可能性が高くなります。

 

AGAによる抜け毛の特徴について

 

抜け毛自体は正常な人でも毎日発生していますし、シャンプーをしたりドライヤーをかけたりというタイミングで抜け落ちるのは自然現象となっています。

 

しかし、AGAを発症している男性は抜け毛の本数が増えるだけではなく、下記のような特徴もあるので一度確認してみましょう。

 

・全体的に細くて先が尖っているようなミニチュア毛が抜け落ちる
・毛根が膨らんでいない抜け毛の割合が多い
・髪の毛を短くしていないのにも関わらず短い抜け毛が多い
・太くて長い毛髪ではなく産毛のような髪の毛が抜け落ちる

 

自分の抜け毛をチェックしてみてこのような特徴があると、AGAを発症している可能性が高いので注意しなければなりません。

 

上記でもご説明した通り、AGAの発症によって通常よりもヘアサイクルが短くなります。

 

成長期:栄養素や酸素を取り込んで髪の毛が成長する時期
退行期:髪の毛の成長が少しずつ衰えてくる時期
休止期:頭皮から髪の毛が抜け落ちるのを待っている時期

 

上記のヘアサイクルの中でもAGAを発症している男性は成長期が著しく短くなり、太く長く成長する前に抜け落ちるので短くて細いような抜け毛が増えるのです。

 

自分の髪の毛を目視して太いのか細いのか判断するのは少々難しいものの、全体的な毛髪の長さを考慮して明らかに短い抜け毛が多かったら注意した方が良いでしょう。

 

放置していても抜け毛が増えて薄毛の症状が進行するだけですし、何かしらの対策を練らなければ食い止められないので医療機関へと相談してみてください。