MENU

髪の毛にとって最も欠かせない栄養素がタンパク質で、AGAの対策に必要なのは間違いありません。

 

毛髪の95%以上を構成しているのがこのタンパク質となっており、皮膚や爪など身体の表側にあるものも全てこの栄養素でできています。

 

大豆類や肉類、卵や魚類などありとあらゆる食品の中に含まれているため、普通の食生活を送っていれば著しく不足することはないでしょう。

 

しかし、毛髪は内臓と比べて生命の維持に関係なく、栄養素の供給の優先度が低いので偏った食生活を送っている方は特に注意が必要です。

 

直接的な発毛効果が得られるわけではありませんが、良質なタンパク質を取り入れることでAGAの治療効果を向上させることは十分にできます。

 

そこで、AGAを対策して症状の進行を遅らせるために、2種類のタンパク質をバランス良く摂取していきましょう。

 

動物性タンパク質⇒肉類や魚類に多く含まれている
植物性タンパク質⇒穀類や豆類に多く含まれている

 

上記のように動物性と植物性とでは性質が大きく異なり、配合されているアミノ酸の種類が異なります。

 

タンパク質は20種類のアミノ酸が結合して構成されていて、体内で合成されない必須アミノ酸を多く含んでいるのが動物性のタンパク質です。

 

リジンやスレオニン、メチオニンやバリンといった栄養素が必須アミノ酸に該当し、髪の毛や健康に欠かせない存在となっています。

 

とは言え、肉類ばかり食べていると今度はビタミンやミネラルが不足してAGAの症状の悪化に繋がりやすいので、動物性タンパク質を4割から5割、植物性タンパク質を5割から6割の比率で取り入れましょう。

 

下記のような生活を送っている方は慢性的に両方のタンパク質が不足がちになります。

 

・食事制限を伴う無理なダイエットを続けている
・コンビニのインスタント食品ばかり食べている
・野菜類や豆類といった食べ物を全く食べていない

 

男性の場合は女性とは違ってダイエットに取り組むことは少ないかもしれませんが、一人暮らしの人は特に不規則な食生活に陥りやすいはずです。

 

AGAの対策のためには身体の内側から改善を図ることも非常に大事なので、健康的な毛髪を維持できるように今一度見直さなければなりません。

 

タンパク質の分解や再構成がスムーズに行われるためには亜鉛やビタミンB群といった栄養素も必要なので、サプリメントに頼るのも選択肢の一つです。

 

現在ではAGAで悩む男性に焦点を当てた育毛サプリメントが通販で数多く取り扱っており、気に入ったものを購入して飲んでみましょう。