MENU

直接的な原因というわけではありませんが、睡眠不足や夜更かしはAGAによる抜け毛の症状を悪化させるのではないかと考えられています。

 

身体に様々な不調を引き起こすのが睡眠不足で、この点に関しては頭皮や髪の毛も決して例外ではありません。

 

以下では、睡眠不足がなぜAGAと関係しているのかその理由についてまとめてみました。

 

・毛髪の肥料とも言える成長ホルモンの分泌量が減少して成長しにくくなる
・身体全体のメンテナンスが行われにくくなって生命維持と関係のない髪の毛の修復が遅れる
・身体的な疲れだけではなく慢性的にストレスが溜まって頭皮の血流が悪くなって栄養素が行き渡りにくくなる

 

上記のような弊害があるため、健康な髪の毛を育ててAGAを予防するためには睡眠時間をたっぷりと取らなければならないのです。

 

もちろん、1日から2日にかけて徹夜したくらいで身体に悪影響が引き起こされることはなく、一度ゆっくりと休息すれば回復します。

 

しかし、慢性的に睡眠不足の状態が続いていると、集中力や注意力が散漫になったり虚血性心疾患や高血圧といった生活習慣病のリスクが高くなったりと健康が大きく阻害されるのです。

 

お仕事の内容によっては昼夜逆転の生活を送らなければならないこともあるかもしれませんが、AGAによる抜け毛の症状を少しでも和らげるためにも睡眠時間には気を配った方が良いでしょう。

 

また、髪の毛の成長を促すにはただ眠るだけではなく、夜の22時から深夜の2時のゴールデンタイムに休息を取った方が良いと考えられています。

 

この時間帯は特に成長ホルモンの分泌量が上昇しやすく、毛髪の成長がより促されるというメカニズムです。

 

他にも、睡眠時間を伸ばすだけではなく睡眠の質を高める工夫もしなければならないので、寝付きが悪いという悩みを抱えている方は下記のような対策を練ってみましょう。

 

・睡眠ホルモンのメラトニンを分泌させるために寝起きに朝日を浴びてセロトニンを活性化させる
・コーヒーや紅茶といった飲み物に含まれているカフェインを就寝前に摂取しない
・寝る前に軽くストレッチをしたりアロマオイルを焚いたりする
・眠る数時間前に半身浴を行ってリラックス効果を高める

 

このような対策で睡眠のリズムを整えることにより、髪の毛の成長が促されるので少なからずAGAの予防にも繋げられます。

 

誰でも簡単に自宅で取り入れられる方法なので、健康体を維持するためにも睡眠不足に陥らないように注意してください。