MENU

喫煙者は非喫煙者と比べると、抜け毛や薄毛など毛髪減少の症状が悪化しやすいので注意しなければなりません。

 

「タバコと薄毛には何も関係性がないのではないか?」と考えている方は多いものの、有害な化学物質がたくさん含まれたタバコを吸うことで髪の毛に大きな害が加わります。

 

そこで、下記では喫煙によって頭皮や髪の毛にどのような悪影響が生じるのかまとめてみました。

 

・抜け毛の直接的な要因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の量が増える
・血液に入ったニコチンが流れを悪くして毛髪の成長に必要な酸素や栄養素が行き渡りにくくなる
・タバコの燃焼によって一酸化炭素が発生してヘモグロビンと結合して酸欠状態に陥りやすい
・頭皮環境を促したりタンパク質の吸収をサポートしたりというビタミンCが大量に消費される
・タバコを吸えない時間が長くなることで逆にストレスが溜まって血行不良の原因に繋がる
・老化を引き起こす体内の活性酸素を分解するために毛髪に必要な亜鉛が使われる

 

上記のような弊害があり、既にAGAを発症している男性が喫煙することで抜け毛が増え、薄毛の進行が早まりやすくなります。

 

特に、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)の量が増えるのが最も大きな弊害で、ハーバード大学の公衆衛生学部の臨床実験によって非喫煙者と比べて13%も増加することが分かりました。

 

タバコを吸っているからといってAGAの発症確率が高くなるわけではないものの、健康的な毛髪を維持したいのならばできる限り禁煙にチャレンジするべきです。

 

依存症のあるニコチンや発がん性物質のタール、動脈硬化に繋がりやすい一酸化炭素など私たちが想像している以上に多くの有害物質がタバコの中に含まれています。

 

健康に大きな悪影響を与えることは有名ですし、大事な髪の毛を減らさないためにもタバコは今直ぐにもやめた方が良いでしょう。

 

現在では下記のような禁煙グッズが販売されており、ドラッグストアで購入したり禁煙外来で処方してもらったりという方は多いはずです。

 

ニコレット:噛むだけで禁煙時のイライラを抑えられる
ニコチネル:身体へと貼り付けることで適量のニコチンを補う
チャンピックス:タバコを美味しいと感じさせにくくする飲み薬
電子タバコ:有害物質のない煙を出して喫煙している状態と同じ感覚にする

 

このような禁煙グッズを使用し、無理のない範囲でチャレンジしてみるのが良いかもしれません。

 

AGA治療を受けていても喫煙によってその効果が失われるかもしれないので、タバコのない生活を手に入れられるように努力してみてください。