MENU

抜け毛や薄毛の症状が気になりだしたら、ビタミンを摂取してAGAの対策を行ってみましょう。

 

「ビタミン=美肌に良くてニキビの改善に繋がる」というイメージがあります。

 

確かに肌を綺麗に保つために欠かせない栄養素ですが、実は髪の毛とも深い関係性があるのです。

 

特に、ビタミンB群やビタミンCは水溶性なので食べ物から取り入れても体外へと排出されやすく、体内で保管できないので定期的に摂取しなければなりません。

 

以下では、AGAとビタミンにどのような関係性があるのかまとめているので、抜け毛や薄毛の症状で悩んでいる男性は一度確認してみてください。

 

ビタミンA:毛母細胞に働きかけて頭皮の健康を保つサポートを行う
ビオチン:毛乳頭の毛細血管を太くして血液の流れを良くする
ビタミンB2:皮脂の分泌量をコントロールして頭皮環境を正常に保つ
ビタミンB6:毛髪を構成しているタンパク質の吸収を促す
ビタミンC:美肌の維持に加えて細胞を活性化させたり新陳代謝を促したりする
ビタミンE:若返りのビタミンと呼ばれており、血管の中を綺麗に保つ
ビタミンH:皮膚を健康に保つ作用があり、不足することで皮膚炎に繋がる

 

このように、ビタミンと髪の毛には密接な関係性があり、AGAを対策するために毎日の食生活で補わなければならない理由はお分かり頂けるはずです。

 

緑黄色野菜や果物といった食べ物の中に多く含まれており、肉類や乳製品に偏った食生活を送っている人は慢性的に不足しやすいので注意した方が良いでしょう。

 

もちろん、ビタミンをバランス良く取り入れていたとしても、髪の毛を生やす発毛効果はないのでAGAの治療には繋がりません。

 

しかし、皮膚や血管の健康を保つのに欠かせない栄養素なので、病気を未然に予防するためにも豊富なビタミン類を毎日の食事できちんと摂取する必要があります。

 

毎日の食事で十分な量のビタミンを摂取できないのならば、サプリメントやビタミン剤に頼るのは選択肢の一つです。

 

食品は加工することで幾らかの栄養素が失われやすく、効率良く摂取するのは難しいのでビタミン剤を飲むのもAGAの対策として適しています。

 

ビタミン剤ならばプロペシアやミノキシジルのような副作用はありませんし、食前や食後に決められた量を飲むだけなので続けやすいはずです。

 

ただし、AGAの症状が進行している男性にとっては大きな変化は得られないので、発毛効果や育毛効果を得たいのならば専門のクリニックへと足を運んでみてください。